玄関ドアリフォームの流れ|フロアコーティングの種類やその特徴を紹介しています
おうちリフォーム情報局

見積もりから支払いまで分かりやすく解説

玄関ドアリフォームの流れ

ドア

コスパが高い玄関リフォーム

玄関ドアが古くなってきて、新しくてデザインも素敵なものに変えたいという方は多くいます。玄関ドアのリフォームは手軽にできるにも関わらず大きなメリットがいくつもあるので家のリフォームの中ではコストパフォーマンスが非常に高い部分です。ここでは、玄関ドアをリフォームする際に必要な最初の見積もりから取り付け完了までの一般的な流れを紹介します。

見積もり・調査日の決定

まずは玄関リフォームの見積もりを行ないます。玄関リフォームの際には、付けておきたい機能や玄関の大きさ、デザインなど決めておきたいことがいくつもあります。値段も安いものから高いものまで様々で、無駄な出費を抑えるためにもどういった玄関ドアにしたいかを具体的に決める必要があります。見積もり金額を出して納得した場合は、実際に担当スタッフが現地調査をするための日付を決めます。

現地調査・契約

契約をする前に実際に玄関ドアをリフォームするお宅へ担当のスタッフが現地調査に行きます。玄関の細かい採寸や依頼者の希望を細かく聞き、正確な見積金額を算出します。現地調査は会社にもよりますが、無料でしてくれるところも多くあるため気軽に調査から見積もりまでを依頼することができます。正確な見積もり金額が出てその金額に納得したらいよいよ契約にうつります。契約を終えたら、施行日を決めてドアのリフォームが始まります。

リフォーム開始・支払い

施行日に工事スタッフが来てリフォームが開始されます。玄関ドアのリフォームのほとんどが一日で終わるため、非常に手軽に依頼できます。基本的なリフォームの流れとしては、元々あるドアの取り外しから始まり、新しい枠組みの作成、新しいドアの設置、そして細かい確認や修正を行なって完成になります。朝早く始めると夕方頃には終わるのが一般的です。これらの作業が終わると支払いになります。玄関ドアリフォームのドアは業者やその種類によって様々ですが安いものだと10万円代から依頼することができます。

玄関ドア気になる疑問

玄関ドアの色は何色にするべき?

玄関ドアは家の顔といわれるほど重要な部分なので色については多くの方が悩みます。玄関ドアのカラーバリエーションは豊富にあり、木の色であるブラウン系からアルミ色、白などがあります。ドアの色を決めるコツは壁の色に近い色を選ぶことです。そうすることで大きな失敗をすることがありません。